皆さまこんにちは、Yです。
毎日暑い日が続きますね。
蝉の鳴き声も聞こえるようになり、本格的な夏の訪れを感じます。

さてYは先週、上海で開催されたProPak China展に参加してきました。
上海を訪れるのは10年ぶりで、以前とは街並みもだいぶ変わっており
中心地にはたくさんの高層ビルや大型デパートが建ち並んでいました。
DSC_1441


展示会の前日には、Yamatoの海外拠点の一つである“上海大和衡器有限公司”を訪れました。
Yは今回が初めての訪問です。
上海大和
内部の様子は残念ながらお見せできませんが、
きれいに整理整頓された工場内には生産途中の計量機器がたくさん並んでいました。
またはかりの心臓部であるロードセルの製作現場は他の部屋とは区切られ、
塵やホコリが入らないように厳重に管理されていました。



DSC_1569
そして翌日はいよいよ展示会です。
展示会は7月12日~14日までの3日間開催され、
来場者のほとんどの方が中国国内からのお客様です。

Yamatoも出展している5ホールにはインターナショナルな企業が集まっており、
中国国内でビジネスを展開している企業とホールが分かれていたのも印象的でした。
DSC_1446
Yamatoブースには、食品業界で大活躍の組合せ計量機 データウェイをはじめ、
パッカースケール、検査機器のオートチェッカなどを展示していました。

中でも特に注目を集めていたのが、自動排出機構付き卓上データウェイ
川崎重工株式会社様製のロボットアーム「duAro」です。
DSC_1571
こちらは今年5月にドイツで開催されたインターパック展でも大盛況で、
省人化に役立つロボットアームとのコラボレーションは、
「duAro」の動きにもユーモアがあり人々の注目を集めていました。

DSC_1572
組合せ計量機はそれぞれ包装機と接続し、工場の生産ラインをイメージしやすいように
計量から包装までをその場で見ていただけるような展示にしていました。

DSC_1516
またいくつかの包装機会社のブースにもYamatoの計量機が展示されていました。
このように他のブースでも計量機が展示されているのを見ると、
なんだか嬉しくなりますね・・・!

展示会の合間には、地元のスーパーマーケットへ市場調査にも出かけました。
DSC_1431
こちらは全部「種商品」のコーナーです。
日本のスーパーでは中々見かけない光景ですね・・・!

中国出身のYamato社員に聞いたところ、リビングでテレビや映画を見て
くつろぐ際には欠かせないスナックだそうです。

ひまわりやすいかの種が特に人気のようで、
同じ種でも味や大きさなどさまざまな種類の製品が売られています。

スーパーマーケットへ行くと、その地域の人たちの文化や生活を直に感じることが
でき、いつもとても勉強になります。


展示会期間中にご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。
次回はインドのニューデリーで開催される「PackEx India」に出展を予定しております。
PackEx-INDIA_2017
ご都合の合う方はぜひ、Yamatoブースへ足を運んでみてくださいね。

販売企画部のメンバーもこの展示会へ参加する予定ですので、
またこのブログで展示会の様子をお届けしたいと思います。
そちらもどうぞお楽しみに!