こんにちは、Yです。

9月に入り、秋を感じさせるような涼しい風が吹くようになりましたね。
秋といえばスポーツ、芸術、読書など、皆さまも思い浮かぶ秋が色々あると思います。
Yにとってはなんといっても食欲の秋!サンマ、サバ、サツマイモ、マツタケなど、
今から秋の味覚が楽しみです

今回はそんな食の季節に向けて、全国各地の水産加工現場で大活躍中の
「ロータリーグレーダ」という製品をご紹介したいと思います。
00-01

この製品は水揚げされた鮮魚や加工品を、それぞれの大きさに合わせて
高速・高精度にランク選別する機械です。

どのくらい高速かというと・・・

1分間あたり「サンマ350尾、サバ250尾」をランク選別することが可能です。

実はこの機械、2011年の東日本大震災で被災された漁港・水産加工関係の
方々からの熱い要望を経て開発されました。

省スペース設計で移動設置が容易なので、限られたスペースでも鮮魚の
自動選別がおこなえます。

さらに従来の選別機と異なりさまざまな魚種にも対応可能で、サンマ、サバの他にも、
アジ、ホッケ、イワシ、イカ、タコ、ウナギ、キンメダイなど、「ホッパ」と呼ばれる
魚を受ける部分に収まる鮮魚・加工品であればなんでも使用できます。

鮮魚一覧


年間を通して選別作業がフル稼働できるので、導入したお客様からは
「加工場の収益性の向上にも貢献している」など、嬉しいお言葉を頂いています!

そんな「ロータリーグレーダ」の実際の稼動の様子はYamatoのHPから確認できます。
皆さん是非チェックしてみてくださいね!(→Yamato HP


普段何気なく食卓に並ぶ食材も、このようにYamatoの製品によって支えられている
と思うと嬉しいものですね。

これからも皆さまに喜ばれるような製品をたくさん開発していきたいと思いますので、
どうぞ宜しくお願いします。

Y