皆様こんにちは、Yです。

早いものでもう12月ですね!

以前、ある食品メーカー様の工場にお邪魔した際に
商品を保管する巨大な倉庫(3階建て相当)を見せていただいたのですが、
年末年始の時期には消費量増加に対応するため倉庫が商品でいっぱいになる
というお話を聞いて驚いたことがあります。

今回はそんな大量生産の現場に欠かせない、「オートチェッカ」をご紹介します。
222
オートチェッカは商品の重量を検査する機械で、食品、医薬品、工業製品など
幅広い業界で使用されています。

あらかじめ設定した重量での良品範囲から外れた商品があった場合には、
振分装置を用いて生産ライン上から排出し、重量不良品が市場に流出するのを防いでいます。

例えば重量が100gの商品で上下限値を±1gで設定すると、
99g~101gが良品の範囲内となりそれ以外は重量不良品となります。
ブログ_チェッカ

またオートチェッカでチェックした重量をライン上流の充填機にフィードバックすることで、
実際の重量値との誤差があった場合には、充填量を自動的に制御します。
そうすることで、安定した充填を実現することができます。
フィードバック制御

さらに直近の重量値を記憶し、例えば重量不良品が一定量連続すると、
上流で問題が発生していると判断してラインを停止させる信号を送ることができ、
トラブルの早期発見・対処が可能になります。


ここでオートチェッカに関するよくある質問を
営業担当者にピックアップしてもらいました。

Q1:Yamatoのオートチェッカの展開しているシリーズとその特徴は?

A:現在展開しているシリーズは、「オートチェッカIシリーズ」と「オートチェッカ
  Jシリーズ」があります。

  どちらも業界最高水準の高速・高精度計量が可能で、生産性の向上に貢献します。

  Iシリーズは特に防水・防塵性に優れており、ウェットな商品など衛生面や清掃性を
  重視する環境には最適です。Jシリーズは汎用性が高く、食品、衛生材、飲料、薬品、
  、樹脂成形品など幅広い商品にご使用いただけます。

  上記シリーズ以外にも、お客様の要望に合わせて少し特殊なタイプも受注生産しています。
Package


Q2:高速と高精度の両方を満たすモデルはありますか?


A:はい、ございます。
  
  高速・高精度計量を実現するためには、計量部への商品2個乗り防止も考え、
  計量する商品の大きさに合ったモデルやコンベヤの長さ選定がとても重要になります。
  Yamatoのオートチェッカはコンベヤの種類も豊富にありますので、商品の長さと
  処理速度に合った最適なコンベヤをご提案できます。

  また使用現場の環境にも左右される場合がありますので、それらも含めてお気軽に
  ご相談下さい。

2名称未設定

さまざまな業界で生産ラインの安心・安全を守るオートチェッカ。
人手不足の現場での重量チェックには最適です!

まだご使用いただいてないお客様も、この機会に是非一度Yamatoへ相談してみてくださいね!

【お問い合わせ先】
お電話:大和製衡 自動機器営業部 TEL: 078-918-5588  
HP:HPお問い合わせフォーム