こんにちは!すっかり蒸し暑くなってきましたね。
夏が苦手なNです。

今回は先日放送されたNHKの「ニュース神戸発」の撮影がどのように行われたか、
また、どんな内容の取材だったのかをご紹介したいと思います。

放送された内容をご覧いただいた方から、
7分ほどの間に大和の良さがギュっと凝縮されていた、とご好評をいただいております。
お気に入りの展示ルームも登場したので嬉しいです。

7分間の放送ですが、取材はまる一日かかります。
今回は特に、ひとつの製品だけでなく、大和製衡がどんな会社なのか、
何を作っているのか、ということを含めて全体的に
ご紹介していただけるということだったので、
私も撮影チームの皆さんと一緒にあちこちの部署を回って、
普段の仕事の様子を撮影させていただきました。

まずは「はかり」と聞いて一般視聴者の方が思い浮かべる製品
「SDシリーズ」の工場の撮影です。

DSC01723

組み立て、検査までの工程を女性が担当しています。
「朝の連続ドラマを撮影しているカメラマンの方ですよ~」
というような情報をNが発してしまったため
「そんなん、逆に緊張するわぁ!!」と言う皆さん。
たしかに!!申し訳ないです(笑)

DSC01725

テレビ取材が入るのは珍しい産業用はかりを作っている工場です。
私も入社後、初めて入ったときは広さ、天井の高さ、
そしてダイナミックなはかりの数々にとても驚きました。
ヘルメット着用が義務づけられている職場でもあります。
そして、夏場は暑い!
この工場で働かれている人にとって夏は厳しいシーズンです。

取材があったときに作っていたのは北海道に納入するトラックスケール
*トラックスケールについてはこちらの記事もご覧ください!

アナウンサーの方が驚いたのは納入する地域によって、
かかる重力が違うのでその重力までも計算に入れながら調整しているという事実。

ちょうどタイミングよく、いつも展示会などでもお世話になっている
トラックのドライバーさんがいたので、実際に計量しているところも
見ていただくことができました。

DSC01727

粉粒体、食品、そしてトラックまで、
小さなものから大きなものまで計測できるのが大和製衡です。
皆さんの生活のどこかにきっと関わっているのではないでしょうか。

DSC01724

続いて「ピタゴラスイッチ」でも紹介していただいたことのある
自動排出機構付卓上データウェイ™TSDW-205の実演を撮影していただきました。
大和製衡の得意とする「組合せ計量機」のうちのひとつです。
載せ台に置くだけで目標値にもっとも近い組み合わせをベルトコンベアに
排出する仕組みです。
Fくんもインタビューを受けてくれました!
Nは流れてくるショウガのサンプルをせっせとFくんの手元に戻す作業を
がんばりました。ハイスピードでの計量設定にすると、あっという間に
箱がショウガで溢れてしまうので、いかにスピーディーに作業ができる
機械なのかということを身をもって感じたNです。

DSC01728

そして各種メディアに引っ張りだこな(明石だけに…!!)
フィッシュアナライザ™の活用事例もご紹介していただきました。
撮影は明石浦漁業協同組合の皆さんにご協力いただきました。
いつもありがとうございます

Fish-Analyzer-PROインスタ

フィッシュアナライザ™に関しては、読売テレビ「かんさい情報ネットten.」
でもご紹介いただきました。
番組サイトから公式動画をご覧いただくことができますので、
見逃してしまった!という方はぜひご覧ください。
【動画はこちらから】

番組をご覧になられた方には、
大和製衡の探究心の強さを少しでも感じ取っていただければ嬉しいです。

守秘義務の都合上、ご紹介できない工場や部門もあったのですが、
撮影OKのスペースではインタビューもあり、社員の皆さんが急な依頼にもかかわらず
堂々とした応対だったので感心しきりのNでした。
撮影にご協力いただいた皆さん、お疲れ様でした!