みなさんこんにちは、花粉にやられ気味のKです。
今年の花粉飛散量は、地域にもよりますが
なんと、昨年の7~9倍になるところもあるそうです、、、

さて、今回はお久しぶりのインタビュー記事です。
産機製造課のT係長とK社員にご協力いただきました。

IMG_2242


◎部署紹介

T係長
産機製造課に所属していて、製品の組み立てと調整を行っています。
出荷した製品を納品先で調整するために、出張する機会も多くあります。

僕たちが担当しているのはコンベヤスケール
CFW(コンスタントフィードウェア)などの定量供給を行う製品です。


コンベヤスケール_小


製品ごとに何グループかに分かれて
作業をされているんですよね。

その作業グループは時々変わるんですか?

T係長
入社してから担当する製品はずっと変わっていません。
1~3年目は今と同じ産機製造課、それから14年間は産機設計課に移り、
その後また産機製造課に戻ってきました。

設計の部署にいる期間がとても長かったので、
製造に戻るときは少しびっくりしました。


久しぶりに製造に戻ってみて、いかがですか。

T係長

製造の仕事の方が性格に合っていると思うし、楽しくやっています。


Kさんは入社してからずっと産機製造課ですか?


K社員
そうですね、入社してから4年間ずっと変わっていません。


異動があるのかこのまま産機製造課で
キャリアを積んでいくのか楽しみですね。

◎国際バイオマス展の感想


先日は展示会への出展お疲れさまでした。

出展されて、いかがでしたか。

T係長
搬入搬出が主な仕事なのですが、事前の打ち合わせ通りうまくいってよかったです。

展示会自体は、他社の様々なアイデアを目にすることができるので、
そういった意味でも技術に携わる者としてはとても有意義でした。


今回は実機を動かしながら展示していたこともあり、
来場者も多く、反響があったみたいですね。

T係長
2年前に展示会に出展した時の2倍くらいの方に見にきていただけました。
今回のようにぴったりはまれば今後の展開にもつながると思うので、
どの展示会に出展するかによって展示する製品を選び、
展示方法を工夫することが大事なんだなと感じました。


Kさんは、今回が初めての展示会だったんですよね。

K社員
はい、初めてでした。

展示用に細かいところを修正・調整したり、しっかり準備をしました。
当日は、据付けたり、正常に動作させたりすることができるかと
ドキドキしていましたが、無事に協力し合って終えることができて良かったです。
会期中は、ほかのブースにも行って色々と観察しました。

設備や製品を動かしての展示だけでなく、
たとえば溶接の技術に関するムービーを流していたりと、
技術紹介の仕方も面白くて惹かれましたし、勉強になりました。
IMG_2257


なるほど。魅せ方の手段も色々あるので、
今後の展示会の際もアイデアを出し合って
いいものにしていきたいですね。

◎志望理由

T係長
大学の教授から勧められたことがきっかけです。
あまり一般消費者が目にする仕事ではないので
学生の自分にはあまりピンとこなかったけど、
はかりと一言で言っても、いろんなものをはかることができて、
いろんな業界で使用されて役にたっているんだな、おもしろそうだなと思いました。


Kさんはいかがですか?
なんか面接みたいですね(笑)

K社員
僕は地元企業で働きたいなという気持ちがありました。

歴史も長く安定していると親や祖母から聞いたことや
休日もしっかり確保されていること、

学校の先輩も就職している人が多いと知って、安心感もありました。

学生の時に見学させてもらった時に、工場の雰囲気にもわくわくして、
大和製衡でものづくりに携わりたいという気持ちが高まっていきました。

仕事のやりがい

T係長
産機は受注生産の製品を作っているので、
営業や設計などいろんな人と連携して仕事をしています。
図面が出来上がったらその仕様通りに組み立てて調整し、
お客様へ引き渡すのですが、客先ごとに毎回要求が違うので
それに応えることができた時に、やりがいを感じます。
日常的に指示を出し、アドバイスや声掛けをしながら
グループのメンバーたちに作業をしてもらっているため、
指示がしっかり伝わって、後輩たちが仕事を
やり遂げてくれるのを見た時も嬉しく思っています。

先輩たちが培ってきた技術などを継承していく立場にあるので、
しっかり伝えていきたいですね。

K社員

出張がたびたびあるので、無事に製品をお届けして
調整までが終わるとホッとしますね。

あとは自分の知らないことを聞いて新しい知識を得たときや、
任されることが増えてくると頑張ろうと思えます。

仕事の上で大変なこと

T係長
指示を出すことが多い分、伝えるのが難しいときもあり、
指導方法を考えていくのが大変だと感じることがあります。

お客様に迷惑が掛からないようにしなくてはならないと思い、
気が引き締まります。


同じことを伝えるとしても、
ひとりひとり捉え方や解釈は異なると思うので

表現を変えたり、言って伝えるのか、やって見せるのがいいのか
難しい部分もありますよね。


T係長
人を動かす立場という責任を全うしなければならないので、
自分でやるのとはまた違う大変さがあります。
IMG_2240
K社員
T係長と立場は違うけれど
僕も出張先では責任者になることもあるので、
据付などを担当する業者に説明しなければならないこともあります。
過去にもやり取りや経験がある人同士だとスムーズですが
初めての人には説明するのが大変です。

自分の説明不足だと感じる部分もあるので
説明の仕方を工夫しなければならないと感じます。

自分より年上の人が多いので、言葉遣いにも気を付けています。
トラブルがあったときには判断を上司に相談していますが
自分でも判断できるように経験を重ねていきたいです。


リフレッシュ方法

T係長
僕の場合は、サッカーです。
シーズン中は月1くらいで試合があります。

仕事や家のことを忘れて、ただサッカーをやる!

練習とか走ったりしてないから、ケガをしないように
トレーニングしないといけないなと思っています(笑)

K社員
ぼくは走るのは無理です(笑)

幼いころから高校3年までは体操をしてました。
ゆか、吊り輪、あん馬とかオリンピックでやっているのと同じですね。


えー!バク転とかできるってことですよね!
やってください(笑)

K社員
できますけど、ここではやりません(笑)
今は体操自体はやっていないですね。
会社の同僚や先輩と飲みに行ったりするのがリフレッシュかなぁ。

なにか、ほかの趣味を探したいと思っています!

 

今後の目標

T係長
後輩たちの指導を頑張っていきたいです。
昔からのノウハウや技術を
自分自身も覚えないといけないし、
先輩たちがつくったものを伝えていく責任を感じています。

K社員
自分はT係長や先輩に教えてもらう側なので、しっかり覚えていきたいです。

後輩も増えてきているので、教える立場になることもあります。

コンベヤスケールのこともまだまだ勉強中ではあるけれど、
電気系のこと・他の製品についても理解できるようにしていきたい。
異動などがあれば、他種製品に触れる機会があるので
そのためにも知識を増やしていきたいです。


素晴らしい向上心ですね。
同じグループ内に電気担当・機械担当がありますが

いずれはどちらにも携わるかもしれないので頑張ってください。

 

 


------------------------------------------------------------------------

お二人ともが仲間を信頼していて
困ったときに相談したり
逆にいろんなことに挑戦する機会を与えたり
一緒に飲みに行ったり(笑)
普段からコミュニケーションをとりながら
いい雰囲気でお仕事をしていることが伝わってきました。

お二人とも、お忙しい中
たくさんの質問にお答えいただき、ありがとうございました。

これからもYamatoの製品を生み出す一員として
頑張ってください!
 

IMG_2245


K