こんにちは。4月も半ばを過ぎ、少しずつ暖かくなってきましたね。
早いもので、私Tはこの春で入社5年目となりました。
新入社員のときからこのブログを書いているので、ブログと共に成長してきた気分です。
記事が増えるにつれてアクセス数も増え、社外の方からもたくさんご覧いただけるようになりました。
このままもっと上を目指し、ライブドアブログのランキングに入れるように頑張ります!
(先週職場体験に来たIくんがとても頑張っていたので、感化されて決意表明です。)


さて、今回はブログにたびたび登場するこの製品についてです。

DF870

「高精度型体組成計 ボディプランナー™DF870」です。
これひとつで体重、BMI、内臓脂肪指数、骨格筋量、除脂肪量、基礎代謝量、推定骨量、水分量がわかるという優れものです。
先日の「みなと兵庫リレーマラソン」で実施した測定体験コーナーは大盛況でした!
(そのときの記事はこちら

体組成計はジムや病院に置かれていることが多いので、
測定したことがないという方も多いのではないでしょうか。
そこで、今回はボディプランナーの使用方法をご紹介いたします。


1. はだしで乗る
DSC04332

まずはじめに、靴や靴下を脱いで裸足になりましょう。
ボディプランナーは体に電気を流して測定する仕組みなので、裸足でないと上手くはかれません。
(※電気を流すと言っても、痛みは全くありませんのでご安心を!)
裸足になったら、かかとを本体の楕円形の部分に合わせて乗ってくださいね。
乗ると瞬時に体重が測定されます。

2. 必要情報を入力する
DSC04303

続いて、画面の指示にしたがって必要な情報を入力していきます。
まずは身長です。このときに注意していただきたいのですが、小数点以下まで入力が必要です。
160.5cmなら「1605」、170cmなら「1700」と入力してください。
身長を入れたら、続けてお腹まわりのサイズ、年齢、性別を入力します。

3. スティックを取り出す
DSC04325

画面の上部に収納されているスティックを取り出します。
ここで体全身のバランスを測定するので、スティックの持ち方に気をつけてください。

○正しい持ち方○
DSC04348

DSC04349

スティック下部の銀色部分に親指、上部の銀色部分に人差し指と中指の先を沿え、
指先3本でコの字形のように持ちます。

×間違った持ち方×
DSC04345
スティックを握ってはいけません。

DSC04346
スティックを持つときは指先で!

4. 測定姿勢をキープ
DSC04327

スティックを正しく持ったら、腕をまっすぐ前に出しましょう。
肘が曲がらないように気をつけて、そのままキープしてください。
3秒ほどで測定が完了します。

20190417135310444

測定が終わると、このように結果が印刷されます。
わずか数ステップだけでここまで細かく体の情報がわかります。
体のバランスがわかると生活習慣やトレーニングの改善のヒントとなるので、
健康を見直すきっかけとしてご活用いただければと思います。

誰でも簡単に体バランスを測定できるボディプランナー、
見かけたら是非試してみてくださいね!



今回の製品紹介にあたり、大阪のヨガ・ピラティススタジオ「ルピナス」さんに撮影のご協力をしていただきました。

ルピナス
可愛らしい内装で、とても綺麗なスタジオです。
実際にボディプランナーをご使用いただいております。

DSC04360

使用方法の例に登場してくださった、ピラティスのインストラクターKeikoさんです。
ご覧の通り、抜群のスタイルでとてもお綺麗な方です。
上に載せた計測結果のレシートは実際にKeikoさんが測定したものなのですが、
体脂肪率が低く筋肉量は多いという、Tが羨ましくて仕方ない結果が出ました!
ピラティス…はじめようかな…

こちらの要望にすべて笑顔でご対応くださり、感謝の気持ちでいっぱいです。
ご協力いただき、ありがとうございました♡

T

【スタジオ ルピナス 公式サイト