こんにちは!日を追うごとに寒さが増してきましたね。
この前まで暑い暑いと言っていたのが嘘のようだと思っているNです。

急に気候が変わると体調を崩しやすくなる人も多いのではないでしょうか。
年齢を重ねるとそれはさらに切実な悩みになります。
(アンダー30の皆さん!30を過ぎるとビックリするほど体の調子が変わりますよ。
風邪を引いても治りにくくなったり…虫刺され痕ですら治りにくいです。笑)

年齢とともに変化していく顕著な例が筋肉量です。
若者以上に歩き回ったり走ったりすることができる
元気な高齢社員も多い大和製衡なのですが、
運動が好きな人ほど筋肉量や脂肪率について本気で気を遣っていますね。

1e76a4299b84907d007589743d6c6352_s

Nたちが所属するマーケティング室のT室長もよく走りにいっています。
先日の展示会出張中まで走っている様子だったので驚きました!!
幕張メッセと稲毛海岸をつなぐランニングコースがあったそうです。
いつもと違う風景の場所を走るのは楽しそうですね。

T室長は元気いっぱいですので心配ありませんが、
高齢の方がマラソンなどをいつまでも楽しく続け、
健康的にタイムをあげていくためには良質な筋肉を育てていくことが重要です。

そこで注目していただきたいのが「サルコペニア」
まだ日本ではあまり一般的ではありませんが、
加齢や疾患などによって筋肉量が減少することで握力や脚の筋肉や体幹が弱って、
歩きにくくなったり、歩く速度が遅くなったりすることを指します。
「サルコペニア」とはギリシャ語で「サルコ」(筋肉)「ぺニア」(喪失)を
組み合わせた造語です。

実は…Body Planner™(ボディプランナーDF870)には
サルコペニアの疑いがあるかどうか、を示す数値が出る機能があります。
印字用紙の中の「SMI」という部分
にご注目ください。

サルコペニア
SMIの単位は(kg/㎡)で表現し、
男性であれば6.87以下、女性なら5.46以下
筋肉量が少なくなっているサインだと見てください。
お医者さんがサルコペニアかどうかを判断する材料として
参考指標のひとつにする数値がSMIということです。

サルコペニアの疑いが出てきたら、筋トレをしっかり続けて
筋肉を育てていく必要があります。
走ったり外を歩いたりすることが好きな方はもちろんのこと、
あまり運動をされない方は筋力の衰えを感じたらSMIの数値
見てみることをおすすめいたします。

4de748a474925dffab27befd8704129e_s

ボディプランナー™でわかる情報はたくさんありますが、
内臓脂肪指数(VFA)、BMI、SMI、基礎代謝量などさまざまな
情報を元に、自分の体の状態を見ることができます。

なぜ今回サルコペニアとSMIについてブログで取り上げたのかというと…
最近「これは何の数値ですか?」と聞かれることが多く、
いつかご紹介したいと思っていたことと、来週に開催される
「HOSPEX JAPAN 2019」にボディプランナー™と
車いす体重計のSMOOZER™を出展する予定なので、ご来場される方には
ぜひ実機測定の体験をしていただきたいと思い、ご案内させていただきました。

Nも夏ごろから地味に続けているダイエットの成果を計測してみたいと思います。
筋力が上がって脂肪が落ちているといいのですが…。
展示会期間中もおいしいものを食べる約束をしているのでどうなることやら。

【HOSPEX JAPAN 2019】
2019年 11月20日~22日
東京ビッグサイト 西ホール
ブースナンバー:2U-23