こんにちは。最近、何にでも山椒をかけることにハマっているNです。
特にオススメなのはチーズトーストにかける山椒です。
和モダンな味わいになりますよ。

さて、チーズといえば…
明石には大人気のピッツェリアがあることをご存じでしょうか。
最近は会食の機会も減ってしまいましたが、コロナ禍の前は
送別会や女子会などで大和社員の利用率が高かったお店です。

もうすぐ新入社員の皆さんの明石通勤、明石ライフ
スタートすることも踏まえて、
今日は「知っておきたい明石の人気店」のうちのひとつ、
”チーロ”さんをご紹介したいと思います。

165175431_5209184402490305_2306561380294537037_n

明石駅から南へ6~7分歩いたところにあります。
トラットリア ピッツェリア チーロ と書かれている看板が目印です。

ちなみに、トラットリアというのはイタリア語で
「カジュアルなレストラン」という位置づけです。

「リストランテ」がもっともフォーマルなレストランで
「トラットリア」が比較的カジュアルなレストラン(元を辿ると食堂兼旅籠の意味があります) 
「オステリア」(居酒屋的な雰囲気でお酒が充実している店を指すことが多い)
「ピッツェリア」(ピザを専門に扱うお店)
「バーカロ」(立ち飲みスタンドがあってお店の奥に椅子席があるようなイメージ。ヴェネチアなど北イタリアで浸透。ハシゴするのが楽しい店の形態)
「エノテカ」(ワインのラインナップが豊富なお店を指すが、本格的な食事を楽しめる店もある)
「バル」(お酒メインでおつまみや軽食を扱うようなお店)

など、イタリアでは飲食店の種類が細かく分けられています。
聞いたことがある言葉もあったのではないでしょうか。

イタリア国内でも、エノテカの中にも超高級店があったり、リストランテの中にも
カジュアルでリーズナブルなお店があったりするので、判断が難しいのですが
なんとなく、上記のようにグループ分けがされています。

チーロさんは「トラットリア」と「ピッツェリア」が併記されているので
カジュアルな雰囲気の中、おいしいピザや一品料理が食べられるのだな、と
予測できます。

そして、チーロさんに行かれた際はこちらにもご注目を!

165869872_5209184952490250_2592252322321950186_n

素敵な色のタイルに包まれたピザ窯の奥にみどりのはかり。
さらに、ピザ生地を焼く際などの細かな計量ではアメリカ市場向けの
デジタルはかりSPC-SOLAR POWERED SCALE 5
をご利用いただいています。

166273247_5209184675823611_5632451617081675670_n

こちらは以前、使い勝手を調査させていただくためにN副事業部長が
自ら持参したものだったのですが、実際に使っていただいて
「かなり細かく計量できて、粉などが付着しても壊れず丈夫ですね!」
というお声もいただきました。
ソーラー式なので電源や電池の心配をしなくていいところもポイントです。

海外市場向けの製品は他にもあり、デザインなど日本仕様と相違はありますが、
それぞれの国やエリアの計量ルールのもと、
厳しい試験に合格した大和のはかりが存在します。

165833361_5209185135823565_2512208211696292204_n

大和のはかりで計量された、ふんわり柔らかで軽い食感のピザです。

他にも、パスタや地元明石の新鮮な魚介類を使った一品料理もオススメです。
しらすのブルスケッタやレモンクリームパスタがNのお気に入りメニューです。
ぜひお試しください。

166304858_5209185505823528_2203539472672994096_n

こちらは店内のトイレに貼ってある明石方言の番付表です。
黄色で囲ったのはNが入社当時「え???」と戸惑った言葉です。
言葉の響きはキツそうですが優しい感じで使っている年配の人が多いイメージです。

【使用例と意味】
「べっちょないかぁ~?」(大丈夫?万事順調?=別状ないですか?)
「そんなことあっかい!」(そんなことないよ~!)
「ごじゃ言うとったらあかん!」(おかしなことを言ってはダメですよ!)

大和の中で「えっ!!」と思う言葉が入ってくることもあるかもしれませんが
意味が分からないときは周りの先輩に聞いてみましょう。
上の画像も念のため一通りチェックしておくと、より安心です!
慣れると意味も分かってきますし、最終的には使いこなせるようになっているはずです。

N