こんにちは!展示会出張から戻ってきたNです。
今回は東京オリンピック開催や新型コロナウィルスの影響などにより、
初めて愛知スカイエキスポで開催されたFOOMA JAPAN 2021展でした。

↓実際に会場にお越しいただけなかった方にも
会場の雰囲気を味わっていただきやすいように動画を作成しました。



予想をはるかに上回る多くの方にご来場いただき、
展示会の雰囲気を懐かしく思う間もなく大忙しでしたが、
参加社員一同精いっぱいご対応させていただきました。

YAMATOSCALE_AT_FOOMA2021

展示会を開催するにあたっては、装飾業者との連携が必要不可欠です。
大和製衡では数年前から統一化されたイメージに沿って装飾デザインを
行っています。

また環境に配慮し、毎回使い捨ての材料で装飾を行うのではなく、
購入した部材とレンタル部材を組み合わせ、
エコで地球にやさしいブースを目指し、試行錯誤を繰り返しています。
使い捨てにならないことを意識して装飾業者の皆さんと計画しています。

弊社ブースにおいて印象的なのはガラス板を使ったデザインです。
設営や撤去にに少し時間がかかるのですが、清潔感を意識して採用しています。

今回は先日ご紹介させていただきました
「天狗製菓」様のあられをフレキシブルケースパッカーで
箱詰めするデモンストレーションを行いました。

IMG_3092

せっかくなので製品も飾らせていただこう、という話に設営途中でなり…
ガラスとガラスの間にあられを袋ごと埋め込んでみました!

横綱あられ

ピリカレーをはじめ、ほとんどの味を食べたことがあるNですが、
梅しそ味は未経験なので近々食べてみたいと思います。

メディアにも掲載していただきました。
こちらは「農村ニュース」様のFOOMA JAPAN2021特集ページです。

農村ニュース‗大和製衡掲載‗データウェイアルファ

Nも写ってしまいました。
ちなみに、この写真を見たNの母はデータウェイ™
の大きさがこんなに大きいものだと
思っていなかったようで「え!!!」と驚きのリアクションでした。
たしかに、人間が写っていると大きさが分かりやすいですね。
容量や仕様によって、もっと大きいものもあるし、もっと小さいものもあるので
大きさのイメージをうまく伝えることは大事だと思いました。

FOOMA JAPAN 2021公式サイトからバーチャルツアーを楽しめる
360℃撮影にも大和ブースが登場しました。
Bホールの左下あたり(下記画像にて位置をご確認ください)
をクリックしていただくと、大和製衡のブースがご覧いただけます。

360°バーチャルツアー

FOOMA360°ツアー

このようにオンラインでも、さまざまな試みが行われた
2021年の展示会でしたが、実際に展示会にお越しいただき、
ご覧いただくことで新しい発見や出会いが多数あったのは
「リアル展示会」ならではの魅力だと再認識しました。

そして、今までにないほどに海外からのお客様が少なかったことで
いつもと明らかに違う展示会になりましたが、また国内外の皆さまと
大和製衡のブースでお会いできることを楽しみにしております。