こんにちは。そろそろ健康診断の結果が返ってくるのではないかと
ドキドキしているTです。病気の心配がないかももちろん気になりますが、
身長体重を改めて突き付けられることに緊張しています。

測定の際に結果の数字は見せてもらったのですが、
体重に気を取られ過ぎて身長を見ることをすっかり忘れていました…
もう身長が伸びる年齢ではありませんが、健康的な体作りをするためには
自分の身長と体重を把握しておかなければいけません。

120087881_4377802012295219_6457541056450080137_n


皆さんもBMIという言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
Body Mass Index(ボディ・マス・インデックス)の略称で、
「ボディ・マス指数」「体格指数」などと呼ばれることもあります。

BMIは、身長と体重から算出される肥満度を表す体格指数です。
子どもには別の指数が存在しますが、成人ではBMIが国際的な指標として用いられています。

【BMIの計算式】
BMI = 体重kg ÷ (身長m)2


BMIの計算式は世界共通ですが、肥満の判定基準は国により異なります。
日本肥満学会では次の基準に定められています。

BMI値肥満度の判定
18.5未満低体重(痩せ型) 
18.5〜25未満普通体重
25〜30未満肥満(1度)
30〜35未満肥満(2度)
35〜40未満肥満(3度)
40以上肥満(4度)
参考:日本肥満学会

BMIが25以上は肥満と判定され、糖尿病、高血圧、脂質異常などの
生活習慣病のリスクが高まります。またBMIが18.5未満の低体重(痩せ型)も
栄養不良や慢性進行性疾患などが生じることがあります。

BMI22が統計的に最も病気になりにくい体重=標準体重(適正体重)とされています。
自分の標準体重が何kgかは、身長から求めることができます。

【標準体重の計算式】
標準体重 = (身長m)2
×22


標準体重より多い場合は、運動や食生活の見直しを行い、
少ない場合は、食事をきちんと取るようにしましょう。
BMIが標準体重に近づくよう意識すれば、健康的な体作りができるというわけです。


例として、身長165cm、体重65㎏の人の場合で見てみましょう。
名称未設定 2

◆BMI = 65kg ÷ (1.65m)= 23.9
 肥満度判定:18.5~25未満⇒ 普通体重

◆標準体重 = (1.65m)2×22 = 59.9
 ⇒  59.9㎏が標準体重

この場合、肥満度は普通体重なので問題ありませんが、
あと5kgほど痩せるとさらに病気になりにくい体になるということです。

具体的な数字がわかると、目標も立てやすくなりますよね。
お手元に身長体重のデータがある方は、ぜひ一度計算してみてください。

日頃からBMIと標準体重を把握しておくことで、
病気にかかるリスクを減らすことができます。
BMI22を目指して、健康的な生活習慣を心がけましょう!

T