みなさんこんにちは、Yです。
今週からぐっと気温も下がり、だいぶ秋らしくなりました。
空気も澄みわたり、散歩など外に出かけるのが気持ちいい季節ですが、
季節の変わり目は風邪を引きやすいので、みなさんも体調管理には気を付けてくださいね!


さて今回は、前回ご紹介しましたINTERMEASURE展の様子をお伝えしたいと思います。
インターメジャーは計量計測業界最大規模の総合展示会で、東京ビッグサイトで2年に1度開催されます。

DSC_1452

こちらがYamatoのブースです。

中部パック、FOOMA展に引き続き、ガラスのデザインで統一されたYamatoブース。
このようにブースのデザインを統一するのも、ブランディング戦略の一つです!


そして新たな試みとして、今回からLEDパネルを採用してみました。
IMG_1971

洗練され、すっきりとした印象のLEDパネル。

いつも展示会の度に説明パネルの展示方法に関して頭を悩ませているのですが、
LEDパネルにすることで装飾とも上手く馴染ませることができました!


続いてこちらは、デジタル指示計です。
IMG_1972

実際には、本体部分を壁などに埋め込んだ状態で使用するので、
今回は使用場面がイメージしやすいように、アクリルボックスで展示台を作成してみました。

製品をどの角度からでも確認でき、かつ見た目にも綺麗な展示となり、よかったのではないかと思います。


営業企画として、このように如何に製品を見やすく、見た目にも美しく展示するかということを
考えるのも大事な仕事の一つです!


そして今回は少し変わった展示にもチャレンジしてみました!
DSC_1444

展示されているのは、デジタル演算器CFC-2000。
さまざまなベルト式コンベヤスケールに対応した調節機能付き演算器です。

この演算器はIP65という保護等級に準拠し、ほこりや水に強い構造になっています。
今回は、「実際に会場でその性能を見ていただこう!」ということで、
演算器の画面に水を噴射して防水性能を確認できる展示にしてみました。

他社ブースでも、防水をアピールする為に会場で水を使用しているのをよく見かけました。
やはり実際に性能をその場で確認できた方が、アピールにもつながりますね!


今後も装飾を含め、製品の展示方法など、いろいろな形にチャレンジして、
より良い展示会を目指して頑張りたいと思います!

Y