みなさんこんにちは、Tです。
11月も半ばになり、木々も色づいてきましたね。
真っ赤な紅葉を見ると「あぁ、秋だなぁ」としみじみと感じます。 
秋といえば、食欲の秋、読書の秋、芸術の秋…そしてスポーツの秋です! 
今回は、毎年この時期に開催される社内バドミントン大会についてご紹介します! 


2016年社内バドミントン大会 025

開催場所は、会社の所有している体育館です。
バドミントンのコート3つ分の広さで、バスケットボールのゴールもあり、
普段から様々な部活が活動しています。

実はこの大会、バドミントン大会と言いつつ競技は3つあります。
1つめは、言うまでもなくバドミントン。残りは、ドッジボールと大縄跳びです。 
大人になると、ドッジボールや縄跳びをする機会なんてなかなかないでしょう…
(ちなみにTは未だに二重跳びが出来ません。。)
だからなのか、みんな必死になるのでとても盛り上がるのです。

試合はトーナメント方式で、バドミントンが3試合、ドッジボールと大縄跳びが1回ずつの
5つの対戦で勝ち数を競います。
1~4位には豪華賞品があることを知り、各チームとても張り切っていました。
私Tも女子でチームを組んで参加しました。もちろん目指すは優勝です!


1479127446200

それでは、それぞれの競技を見ていきましょう!
まずはバドミントン。

ルールは、ダブルス10点のラリーポイント。
バドミントン部のメンバーは利き腕の逆の手で参加しなくてはなりません。 

私は学生時代にバドミントンをしていましたが、社会人になってから運動をする機会がめっきり減り 、
腕を肩より上の高さに上げたのはおよそ1年振り…(去年のバドミントン大会以来)
翌日はしっかり筋肉痛になりました;


2016年社内バドミントン大会 043

普通の試合よりも早く終わってしまう分、連続で点を取られると焦ります。
中にはこんな場面も…


DSC_1675

DSC_1677

ナイストライ(笑)

各チーム、ペアの組み合わせを真剣に考えたり、コースを狙ってスマッシュを打ったりと、 
勝つためにあらゆる戦略を練って勝負に挑んでいました。 


2016年社内バドミントン大会 016

続いて、大縄跳びです。

参加メンバーは縄に入った状態でスタート。
練習は1回で、本番で多く跳んだ方のチームが勝ちです。 


DSC_1639

 タイミングを狙って…

DSC_1638
 
ジャンプ!! 

ポイントとしては、体力勝負の競技でもあるので、練習で頑張りすぎないことでしょうか。
私はリズムを取るために縄がないときも跳んでしまうのですが、(2回ずつ跳ぶということです)
縄がきたときだけ跳ぶほうが体力は温存できますね。

また、先行で多く跳べると、後のチームにかなりのプレッシャーを与えることができます。


DSC_1631

最後は、 ドッジボールです。

ルールは内野5名外野1名でスタートし、制限時間4分で残ったメンバーの多いチームが勝利です。
また、男性は女性に向かってボールを投げるときは、下からしか投げてはいけません。 

何気に人気のあるこちらの競技。
「ドッジボールなんて小学校以来!」と 張り切っているYamatoメンバーもいました。


DSC_1633

男性陣はやはりボールのスピードが速く、下から投げたボールでも次々と当てていきます。 
仲間がだんだんと減り、一人取り残されたときは、とてつもなく心細くなります…
制限時間までにどちらかのチームが全滅して勝敗がつくパターンが多かった気がします。 


2016年社内バドミントン大会

以上の3つの競技で各チームと対戦を行った結果……
なんと私の所属した女子チームが見事優勝を勝ち取りました! 
気になる賞品は、お菓子とビールと商品券でした♪

仕事終わりに運動なんてしんどくならないかなぁと心配でしたが、
いざ始めると良い汗をかいて、むしろスッキリとすることができました。
部署も立場も関係なく、Yamatoメンバーみんながいきいきと動いていたことが印象的です。
これからは、もう少し日常的に運動をしようと思ったTでした。