こんにちは、Tです。
新型コロナウイルスの感染がまた広がりつつありますが、
そういえばこの2年ほどの間、風邪を引いていないことにふと気づきました。

コロナ対策として手洗いや消毒をきちんと行ったり、
マスクをつけて体調管理に気をつけたりと、
日常での健康志向が高まったためだと思いますが、
皆さんの中にも同じように感じている方がいらっしゃるのではないでしょうか。

このような衛生管理も大切ですが、
免疫力を高めるためには体を動かすことが重要ですよね。

run

日経BPコンサルティングが行った調査では、
「健康上で気になること」という質問への回答は
1位が「新型コロナウイルスへの感染」で、2位が「運動不足/体力の低下」でした。
外出自粛やテレワークの影響が大きいようです。

「健康のために実施していること」という質問には、
コロナ禍以降「筋トレ・ストレッチ」と答える割合が増え、
感染拡大を機に、人々の健康管理への意識が高まっています。

ボディプランナー使用中写真

また、「ほしい健康支援策」として、1日8000歩超えるとポイントがつくなどといった
「健康への取り組みに対するインセンティブ」や、
体重計や活動量計をはじめとする「健康器具の配布」を希望する声が上がりました。

この機会に、スポーツジムやフィットネスクラブを運営している方は、
健康支援として体のデータ管理を促進してはいかがでしょうか。


DF870_小

そこでオススメなのが、大和製衡の高精度型体組成計「ボディプランナー™」です。
体重、脂肪、骨格筋、骨量など9つの項目を測定することが可能です。
すでに多くの施設に導入していただいており、3つの人気なポイントをご紹介します。

① シンプルな測定結果
測定結果は本体内蔵のプリンターから印刷されます。
印刷されたQRコードをスマートフォンで読み込むと、
専用アプリでデータ管理することができます。

② スピーディーな計測
年齢や性別など必要項目を入力して本体に乗ると、わずか約3秒で計測が完了します。

③ 購入しやすい金額
本体・測定結果のシンプルなデザインと、医療機器認証を取得していないことから、
高精度ながらコストパフォーマンスに優れています。

ジム_小

実際に導入されているスポーツジムの中には、
体脂肪の減ったパーセントによってキャッシュバックを行う
キャンペーンに活用
するという使い方がありました。

体のバランスを測定・管理することで、健康な生活へと繋がります。
健康管理に、体組成データをぜひご活用ください。

ボディプランナー™が気になった方は、
7月27日(水)~29日(金)に東京ビッグサイトで開催される展示会、
「SPORTEC2022」に出展いたしますので、ぜひ弊社ブースで実機をお試しください。
測定したデータは、その場でお持ち帰りいただけます。

大和製衡のブース位置は、「E2-11-26」です。
感染対策には万全を期して、皆さまのご来場をお待ちしております。

SPORTEC22_tw

【SPORTEC2022】
会期… 2022年7月27日(水)~29日(金)3日間
開催時間… 午前10時~午後5時
会場 … 東京ビッグサイト 東展示棟1~3ホール
弊社小間位置… E2-11-26
展示会公式サイト… https://sports-st.com/
来場事前登録のうえお越しください。